丸木美術館

2006年8月19日 (土)

117クーペ修理にあずける~丸木俊作品がうちにくる

117クーペのヘッドライトのスイッチを外してテスターで調べてみたりしたのだが異常はみつからない。自分で直すのはあきらめ、別所自動車にもっていく。ついでに、気になっているミッションオイルの漏れ(ガレージの床がよごれる)も相談してみてもらうことにする。
車をあずけて電車で帰る。

午後に、MINIで妻とお出かけ。丸木俊展で購入した作品を受け取りに、あっぷるはうすギャラリーに行った。デッサン「サリーの女」猫の絵の描かれたマグカップ

|

2006年8月 5日 (土)

丸木俊回顧展

丸木俊回顧展ポスター 今日は妻とデート。絵を見に行きました。

「原爆の図」で有名な故丸木夫妻の妻のほうの洋画家・丸木俊の回顧展(8月15日まで、場所:さいたま市大宮区高鼻町2-283 カフェギャラリーあっぷるはうす)。このポスターの絵のように色彩豊かで明るい絵や美しく巧みなデッサンが多く、「原爆の図」だけからイメージされるものとは違う丸木俊に触れることができました。またそういう才能と個性をもった画家だったからこそ「原爆の図」のようなすごい美術作品ができたのだろうという気も。

絵は販売もされていて、収益の一部は丸木美術館に寄付されるそうです。妻が気に入って僕もいいなと思ったものをひとつ購入してしまいました(そのうち公開しましょう)。丸木俊回顧展新聞記事(朝日新聞埼玉版2006-08-05)

| | コメント (2) | トラックバック (1)