« 東京・赤羽ハーフマラソン、夫婦で完走しました! | トップページ | Twitlogにしました »

2010年2月26日 (金)

電子書籍についてつぶやく

Twitterで、電子出版や電子書籍について関心のある人たちが集まろうということになり、昨日そのイベント「電子出版を語る夜」に参加しました。いろいろな人と出会うことができて、楽しませていただきました。

その関連で、今日つぶやいたこと:

  • 電子書籍が視覚障害や読字障害などでも役立つよう… 読書バリアフリー法を求める集会などあります: http://yomitai.exblog.jp/
  • HTML5 に関心ある人は W3C の HTML5 Japanese Interest Group に参加しよう。そのMLも盛り上げたい。 http://www.w3.org/html/ig/jp/Overview.ja.html
  • 電子書籍のEPUB仕様に日本語レイアウトのための拡張を求めるのであれば、変な独自仕様にならないよう、EPUBのレイアウトに使われるCSSの仕様を作っているW3Cと協同するべきです。
  • W3Cには日本語組版タスクフォースがあります。http://bit.ly/9ewXzi 「W3Cが近い将来、CSS、SVG、XSL-FOなどの技術に本格的な日本語組版機能を反映させるため」です。それが電子書籍のCSS実装にも反映されるとすばらしい。
  • 今のCSS3ドラフトでも日本語組版のいろいろできます。ルビ:http://bit.ly/dkJSSH 、禁則・約物処理:http://bit.ly/9RSbwX 、縦書き:http://bit.ly/aZBxN8 など。僕が関係してるもの:http://bit.ly/cAcgO9
  • 電子書籍のEPUB形式の中身はほとんど XHTML1+CSS2 のサブセットだけど、将来は HTML5+CSS3 がベースになるのが自然です。Webと電子書籍のレイアウトエンジンは共通にできるし。
  • 将来の電子書籍では(またWebの表示でも同様に)、今の紙の本に遜色のない品質の日本語組版ができるようになるはず。WebでもEPUBなどでもレイアウトにCSSが使われるわけで、CSS3仕様とその実装が鍵になる。
  • 電子書籍の標準仕様についてはこれを読んで勉強しよう: RT @lost_and_found: EPUB仕様書 Open Packaging Format (OPF) の日本語訳を公開します http://bit.ly/7gItKE
  • W3C技術ノート「日本語組版処理の要件」http://bit.ly/aDJDnk 、これの最新作業途中版のPDFで出力したものが http://bit.ly/bK68iQ ←組版(PDF化)に AH Formatter http://bit.ly/5yPRXe が使われています。
  • W3C HTML5のMLに「HTML5と電子書籍フォーマット」投稿した:http://lists.w3.org/Archives/Public/public-html-ig-jp/2010Feb/0010.html

|

« 東京・赤羽ハーフマラソン、夫婦で完走しました! | トップページ | Twitlogにしました »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185195/47671140

この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍についてつぶやく:

« 東京・赤羽ハーフマラソン、夫婦で完走しました! | トップページ | Twitlogにしました »