« 映画「沈黙を破る」~パレスチナとイスラエルに平和を! | トップページ | 「右も左も分からない」 »

2009年5月18日 (月)

映画「子供の情景」~アフガニスタンに平和を!

昨日観た映画もうひとつ紹介。イスラエル・パレスチナの重いドキュメンタリーを見てくらくらの頭で、神保町の岩波ホールでやっている映画「子供の情景」を見にいきました。アフガニスタンでバーミヤンの大仏がタリバンによって爆破されてしまう場面から映画がはじまります。読み書きを覚えたい女の子が、タリバンのまねごとをする悪ガキどもにいじめられながらも、私も学校に行くーといって冒険するお話です。

この映画での、タリバンごっこをする子供たちの言葉「女は勉強するな」「アメリカのスパイめ、死ね」「石投げの刑だ」…。ああこれは日本のネット上でよく目にする「フェミうぜえ」「工作員」」「チョン氏ね」とか書いているような人たちの心も似たようなものなのかも。

映画「子供の情景」公式サイト:
http://kodomo.cinemacafe.net

日本アフガニスタン合作劇映画「The Roots」

アフガニスタンの映画といえば、「The Roots」も妻と観てました。大阪のほうではこれから上映がはじまるようです。

日本アフガニスタン合作劇映画「The Roots」公式ブログ:
http://afghan.exblog.jp

その試写会のときに製作総指揮の井上春生さんとアフガニスタンの平和構築に関わっている伊勢崎賢治さんとのトークショーもきくことができました。公式ブログをみてみたらその動画がアップされています:
映画「The Roots」伊勢崎賢治&井上春生トークショー (PeeVee.TV)

アフガニスタンに非武装自衛隊を――伊勢崎賢治さんがやろうとしていること

伊勢崎さんが、アフガニスタンのタリバンとも、米国オバマ大統領のアフガニスタン対策チームとも話し合い、日本がこの地の平和のために貢献するべきことを練っているということが、伊勢崎さんの活動をよく紹介している「超左翼おじさんの挑戦」というブログに書かれていました:
「アフガンに非武装自衛隊を」

大事なことは、戦争を仕掛けたアメリカと、打倒されたタリバンとの間で和解を実現すること。そうしないと、いつまでも戦闘は止まない。…

アメリカとタリバンを和解させ、停戦監視までおこなうという課題で、日本がイニシアチブをとる。9条を持つ日本がやるにふさわしい仕事だ。成功したらノーベル平和賞に値する。

憲法9条のもとでの自衛隊で世界の平和に貢献するということに私も賛成です。

|

« 映画「沈黙を破る」~パレスチナとイスラエルに平和を! | トップページ | 「右も左も分からない」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185195/45049335

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「子供の情景」~アフガニスタンに平和を!:

« 映画「沈黙を破る」~パレスチナとイスラエルに平和を! | トップページ | 「右も左も分からない」 »