« 2009年4月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年5月

2009年5月18日 (月)

映画「子供の情景」~アフガニスタンに平和を!

昨日観た映画もうひとつ紹介。イスラエル・パレスチナの重いドキュメンタリーを見てくらくらの頭で、神保町の岩波ホールでやっている映画「子供の情景」を見にいきました。アフガニスタンでバーミヤンの大仏がタリバンによって爆破されてしまう場面から映画がはじまります。読み書きを覚えたい女の子が、タリバンのまねごとをする悪ガキどもにいじめられながらも、私も学校に行くーといって冒険するお話です。

この映画での、タリバンごっこをする子供たちの言葉「女は勉強するな」「アメリカのスパイめ、死ね」「石投げの刑だ」…。ああこれは日本のネット上でよく目にする「フェミうぜえ」「工作員」」「チョン氏ね」とか書いているような人たちの心も似たようなものなのかも。

映画「子供の情景」公式サイト:
http://kodomo.cinemacafe.net

日本アフガニスタン合作劇映画「The Roots」

アフガニスタンの映画といえば、「The Roots」も妻と観てました。大阪のほうではこれから上映がはじまるようです。

日本アフガニスタン合作劇映画「The Roots」公式ブログ:
http://afghan.exblog.jp

その試写会のときに製作総指揮の井上春生さんとアフガニスタンの平和構築に関わっている伊勢崎賢治さんとのトークショーもきくことができました。公式ブログをみてみたらその動画がアップされています:
映画「The Roots」伊勢崎賢治&井上春生トークショー (PeeVee.TV)

アフガニスタンに非武装自衛隊を――伊勢崎賢治さんがやろうとしていること

伊勢崎さんが、アフガニスタンのタリバンとも、米国オバマ大統領のアフガニスタン対策チームとも話し合い、日本がこの地の平和のために貢献するべきことを練っているということが、伊勢崎さんの活動をよく紹介している「超左翼おじさんの挑戦」というブログに書かれていました:
「アフガンに非武装自衛隊を」

大事なことは、戦争を仕掛けたアメリカと、打倒されたタリバンとの間で和解を実現すること。そうしないと、いつまでも戦闘は止まない。…

アメリカとタリバンを和解させ、停戦監視までおこなうという課題で、日本がイニシアチブをとる。9条を持つ日本がやるにふさわしい仕事だ。成功したらノーベル平和賞に値する。

憲法9条のもとでの自衛隊で世界の平和に貢献するということに私も賛成です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

映画「沈黙を破る」~パレスチナとイスラエルに平和を!

土井敏邦監督によるパレスチナを取材したドキュメンタリー映画「沈黙を破る」を観ました。イスラエル軍の元兵士たちがパレスチナ占領地でのことを、沈黙を破って、証言しています。「イスラエル軍は世界一道徳的」なはずだったのが、兵士たちの良心は麻痺していく…。ひどい扱いを受けるパレスチナ人はイスラエルをますます憎むようになる。

そんなイスラエルとパレスチナのひどい現実なのだけれど、イスラエル人たちが自分たちがしていることを反省して「沈黙を破る」の運動を起こしているということは、ひとつの希望です。

映画の中で語られたユダヤのことわざ「他人の過ちから学べ。すべての過ちを犯す時間はないのだから」。世界中の人たちがこの過ちから学んでほしいです。日本人としては、まずかつての軍国日本がした過ちに学ぶことが基本ですが。

映画「沈黙を破る」公式サイト:
http://www.cine.co.jp/chinmoku/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

映画「チョコラ!」の紹介

ぼくの友人であるHataさんが編集・制作を担当した映画「チョコラ!」が、5月9日から上映がはじまります。ケニアのストリートチルドレンを描いたドキュメンタリー映画です。

■「チョコラ」
監督:小林茂 配給:東風 2008年/94分
後援:アムネスティ日本、アフリカ日本協議会ほか
5月9日(土)より、東京・渋谷のユーロスペースで公開。全国順次公開予定。
詳しくは映画の公式サイトをご覧ください。
http://www.chokora.jp/

Yahoo!映画投票で「チョコラ!」に投票しよう!

Yahoo!映画投票で、5月9日に初日を迎える映画の中で、注目作はどれかという投票があって、「チョコラ!」もノミネートされています。ここで上位5位に入ると、テレ朝のやじうまワイドで紹介されるそうです。
http://movies.yahoo.co.jp/

↑ここにアクセスして右側の列の下の方、「映画投票」の欄で「チョコラ!」にマークを付けて「投票」をクリック。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

追悼 忌野清志郎~きょうは憲法記念日

“この国の憲法九条を知っているかい。戦争はしない。戦争に加担しない。愛と平和なんだ。” by 忌野清志郎

非モテだった僕にとって、清志郎の「愛し合ってるか~い!」に「愛し合ってるヨ!」と答えられることが夢だった。そしてついに、「いっしょに暮らそう ぼくとふたりで ふさわしい家を さがして住もう」(『Oh!Baby』)という歌の歌詞とほぼ同じことを言ってくどいて、いまの妻との暮らしがはじまったのが11年前。愛と平和を守ることが一番大事です。


平和を守るためにがんばってる自衛隊を憲法に明記したほうがいいという気持ちも分からなくはないけれども、いまの憲法九条の解釈で自衛隊は認められているということで十分であって、わざわざ改正の必要はありません。憲法九条を有効に活かして、日本は自衛隊の活用も含めて世界と日本の平和のためにできることをするのがよいというのが私の考えです。

本の紹介:『自衛隊の国際貢献は憲法九条で――国連平和維持軍を統括した男の結論』(伊勢崎 賢治著)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2010年1月 »